• トップ /
  • インプラント治療は入院が必要か

インプラント治療を受ける前に

人工歯根を顎の骨に埋め込むことで、失った歯の機能を取り戻すことが出来るインプラント歯科治療ですが、一般的な治療方法は顎の骨に人工歯根を埋め込む手術と人工歯根が定着したことを確認した上で、歯冠を取り付けるという方法が行われます。インプラント治療では、一般的に入院をする必要はありませんが、埋め込む人工歯根の本数が多いという場合や体調に不安があるという場合には、主治医の判断により、入院が必要となることもあります。インプラント治療については、保険は適用されませんので、費用は全額自己負担となります。費用については、治療を行う歯科医院によって異なりますし、人工歯根の材質などによっても大きく異なる可能性がありますので、あらかじめ確認することをおすすめします。なお、インプラント治療の治療期間は、状況により異なりますが3ヶ月以上はかかります。治療を受ける前には、入院の有無や費用について、詳しく説明を受けるようにすると良いでしょう。分からないことや不安に感じることをそのままにしてしまうと、後々トラブルとなってしまう可能性がありますので、注意が必要でしょう。歯周病や虫歯のリスクを防ぐためにも、定期的に検診を受けることが大切です。

バックナンバー

↑PAGE TOP