• トップ /
  • インプラント治療について

インプラント治療の流れ

インプラント治療は入院せずに手術を行うことができます。それでも治療が完了するまでは3~10ヶ月かかることもあり、術後も定期的にメンテナンスのために歯科医院に通う必要があります。実際に、治療を行う前に精密検査と治療計画のため綿密なカウンセリングをします。インプラント治療を行う前に、人によっては造骨手術などの相談も行うことがあります。手術は通常2回に分けて行われます。1度目の手術では歯茎を切開して顎の骨を削り、インプラントを埋め込みます。手術時間は1~3時間程度で、入院の必要もなくすぐに日常生活に戻ることができます。2度目の手術まで3~6ヶ月ほど期間をあけて、骨とインプラントがしっかり定着するのを待ちます。2度目の手術から1~6週間の期間をあけて、人口歯をかぶせて治療は終了です。手術自体の時間が短くても検査であったり、定着するまでの時間が必要ということもあり思ったより長い期間歯科医院に通うこともあります。早く治療を終えたい方のために短期で終わるインプラント治療の方法もありますが、受けられる人と受けられない人がいるので、歯科医に相談の上治療方針を決めてください。入院する必要がなくても、術後は安静にし腫れや痛みを抑えるために急激な運動やアルコールの摂取は控えましょう。

バックナンバー

↑PAGE TOP